6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

芽吹き

                タラノキ新芽

             採り頃のアカメガシワ新芽


 山菜の季節になりました。トンボのメガネでも山菜料理を計画しているので、人気のタラノメを探しに出掛けました。あれば採取して冷蔵庫で眠らせておけば、2週間ぐらいは保存出来るからです。タラノメを採ったよという情報は出雲からも届いていました。ところが、我が能勢ではまだほとんど採取できるまでに開いていません。それでも採り跡が散見されるので、地の利を活かして絶えず確認に行かなければ、売るほどまでは採れません(*^_^*)。アカメガシワも若い葉を出し始めて来ました。こちらはあまり知られていないので当日近くでも採取出来ます。
 タラノメやコシアブラやウドなどウコギ科植物の新芽は山菜として人気があります。タラノメは山菜の王者と云われ、地方の旅館などでも供されるので、誰もが血眼になって探します。ロク的にはコシアブラの方が風味があり好きな山菜です。あまり知られていないアカメガシワも捨て難く毎年採取しています。どちらも副作用のない薬効があり、利用したい植物です。2番芽は採らないようにと言いますが、パイオニア植物で新たな幼木が出て来るので、絶滅の心配はありません。


「芽吹き山 日増しに色を 変えにけり」