ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

一閑張

              野次馬ロクの視察現場


 所属するひとくらクラブで伝統工芸の「一閑張」作りを体験した。竹などで編まれた骨組に和紙を張り付け、その上にウルシや柿渋を塗り、補強と防水効果を高め、食器や日用雑貨として作られてきた。張り子の作り方に似ている。一説には明から日本に亡命してきた飛来一閑が伝えて広まった技術だと言われている。農民が農閑期に作っていたからという説もある。何れにしても手間暇かかるので、最近では高級料亭などの食器として使われているぐらいだ。
 本来なら竹やツルで籠なども手作りしたいが、時間の制約もあり100均で仕入れたザルなどに和紙を張り付けて、柿渋を塗るまでの作業工程だった。あいにくの悪天候である。天日干しまで出来なかったどころか、大雨警報が出ているのでお昼には公園を閉鎖しますといわれてしまった。帰宅してから残りの作業をして何とか満足出来る一閑張が出来上がった。ザルの内側はアクティブを表す「動」で裏側は言わずと知れた「酒」を配置した。またまたロクの趣味範囲が増えそうである。次回は梱包用テープで籠を編んでみたい。
 今朝も5時にエリアメールが入り、能勢町全域に土砂災害の危険性がある避難準備情報が届いた。野次馬ロクは昨日も帰りに寄り道して、川の護岸が2度に渡って壊れた状態を視察してきた。別に視察を頼まれた訳ではないのだが……。


「秋雨に 右往左往の 活動日」