6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。


 蓮池でのハスが見頃を迎えている。大阪では門真市がレンコンの産地として有名だったが、宅地開発などでどうなったことやら、随分と昔の話だ。最近では沼地を利用したレンコン畑を見る機会も少なくなった。ハスを見たい時には万博記念公園と服部緑地公園の蓮池まで出掛けることにしている。花は豪華で、全草が食用と薬用になるのでアジアでは大切な植物として利用されて来た。インド、スリランカ、ベトナムの国花になっている。仏像の台座に使われる蓮華はそうした意味合いからだと思える。国内では滋賀県守谷市の市花に指定されているが、琵琶湖にあれだけ繁茂していたハスが無くなってしまった。どうやら湖底の土壌が変わった様で、復旧の目途が立たない。地元の観光産業は痛手を被っている。
 蓮の花は早朝に開花し昼過ぎには花を閉じる。その開閉運動を3日間続けて、4日目には花びらを散らし始める。その後の花床の形がジョウゴの様になり、蜂の巣に見えるところからハチスと呼ばれ、それがハスになったと云われている。ベトナム・台湾・中国などを訪ねると、果床に埋まったそう果(種子)の砂糖漬けにしたものが土産として売られている。若いそう果は生でも食べられる。まだ試した事がないが、蓮の葉を通して飲む「象鼻杯」は、ハスのエキスが滲み出て風味豊かな酒だろうと舌なめずりをしている。


「一つでも 三つでも善き 蓮の花」

水金梅

           花びらにも特徴があるミズキンバイ


 キンポウゲ科のキンバイソウに似ていて、水辺や水中に生えるからミズキンバイと名付けられているが、こちらはアカバナ科。日本固有種だが絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。多年草で沼を覆いつくすほど群生するが、今ではめっきり数を減らせている。環境変化に着いて行けないのかもしれない。梅に似た5弁花が目を引く。
 昨日は神戸ポートアイランドへ下見に行った時に、蓮池の傍で少しばかり咲いていた。埋立地だから自生ではなく植栽されたものだと思われるが、それでも絶滅危惧種などに出合うと嬉しくなる。我が家の花壇にも絶滅危惧種のムラサキが大きな株を作っている。要望があればお裾分けなどしているので、他でも育ってくれているはずだ。種を残すなどたいそうな話ではなく、マスターベーションに過ぎない。根本の環境悪化を食い止めなければ何の解決にもならない。


「水草の 花を掠めて 鯉の過ぎ」

父の日プレゼント

             娘から届いた高級日本酒

           父の日には白バラを!(テリハノイバラ)


 毎年娘から父の日プレゼントが贈られてくる。彼女も仕事が忙しいので6月第3日曜日に届くとは限らない。取り敢えず父の日までに「贈っておいたよ!」とのメールが届く。2~3日して届くのは日本酒と相場が決まって来たようだ。家では一番安い第3のビールしか飲んでいないので、年に一度ぐらいは本物を味わせてやりたいという健気な娘心かもしれない。添付されているカタログによると、その酒に合う料理の種類が紹介されている。暫くは待っていたが、妻のレシピでは登場しそうもないので、料理を無視して頂く事にした。何でも美味しく頂ける口なので、妻の作った平凡な料理に満足して、プレゼント用の高級日本酒を頂いた。それにつけても第3ビール愛好家にとっては、安売りを規制する圧力に愕然としてしまう。小売店保護を云うなら、初めから保護政策を打ち出して貰いたかった。知り合いの小売店は随分と前に店を畳んでしまった。
 さて、父の日だがアメリカでは1910年から始まった。日本には1955年ごろに紹介され、次第に全国に広まって行った。アメリカでは父の墓前に白バラを供えたことから、父の日には白バラを贈る風習が定着している。日本では大切な人の幸せを願う「黄色いリボン」をシンボルにしているが、あまり定着していないようだ。今日は野生のテリハノイバラを紹介する。


「待ち侘びる ピンポーン音を 父の日に」