6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

オシドリ下見

               国見山頂上(284m)

               白籏池の水鳥たち

           辛うじてオシドリだと判る証拠写真

 トンボのメガネ冬の例会ではオシドリなど水鳥を訪ねている。来年も1月第3金曜日に交野市の山田池にオシドリを訪ねる予定だった。ところが、6年振りに池が干されることになり、今年10月から来年の2月まで水が抜かれる。その様子は関西のテレビでも放映されてご存知の方も多いはずだ。沈殿して悪臭のする泥を日に干し、外来魚などを駆除し、水質環境を維持する古来から受け継がれて来た知恵である。昔、干された池で粘土を採取して素焼きの焼き物を作ったことを思い出す。
 さて、池干しは興味あることだが、年間計画で山田池を訪ねる予定だったロクとオシドリにとっては迷惑な話である。山田池に行けなくなったオシドリは近くの池を探さなければならない。地元のメンバーが教えてくれたのが近くにある白籏池である。国見山の頂上近くにある池で、オシドリが来るらしい。この山は国見山城(津田城)という城跡で284m地点にある山城だったが信長に滅ぼされた。JR学研都市線「津田駅」からハイキングコースをゆっくり観察して歩けば、2時間ほどで到着するので、ちょうどオシドリが活動し始める時間帯に合わせられる。昨日も雨上がりの山道を落葉を踏みしめながら、白籏池に辿り着くとたくさんの水鳥が迎えてくれた。オシドリも対岸近くでで泳いでいる。生き物センターにはスコープが焦点を合わせてセットされてあるので、しっかり観察できる。クヌギの枝に止まっているオシドリも初めて観察出来た。


「冬毛には 少し早いか 銀杏羽根」

冬の選択肢

             この時間でも霜で真っ白

           冬場に太陽光を独り占めのヒガンバナ

             セイヨウタンポポは冬場でも

               どれにしようかな?


 冬の定番はどうしても鍋料理になる。夕食時に妻から「ご飯にするの、お酒を飲むの?」と二階で作業をしている僕に声がかかる。のべつ幕なしに飲んでいたら肝臓が悲鳴を上げるだろうから、通常家では飲まないように心掛けている。そこで降りて行き料理を確認する。鍋料理の季節になったのだ。ハゲ鍋と言う。好物の牡蠣も用意されている。選択はそこから始まる。すかさず今夜は飲もうという事になる。量は少ないが妻は晩酌を欠かしたことが無い。独りで飲む時はこの時季なら焼酎のお湯割りを飲んでいる。一応料理に合わせて飲めるように各種取り揃えてある。洋風鍋ならワインと言う事になるが、今夜は日本酒の「五郎八」にしようと思う。最初の一杯はやはりビールだ。小売店保護のためだと安売りに規制をかけ、少し高くなった第3のビールを開ける。小売店保護を謳うなら大型店舗の規制が先だったと思うのだが。
 妻は一人で飲むのは楽しくないらしい。こちらが直ぐに夕飯を終ってしまうからだ。それと何種類も飲めないという制約も付く。例えばビールをコップに一杯だけ欲しいという事が出来ない。ワインも独りでボトルを空けるほども飲めない。そこで妻の作戦が始まる。僕をその気にさせるのだ。餌で釣ることが多い。特に冬場の鍋には弱いことを敵は知っている。


「夕餉時 鍋に釣られて もう一杯」

ストラップ

 10周年コンサートに来て下さったお客さんに記念品を、と言う事で簡単なストラップを作りました。5周年の時には赤トンボのブローチを差し上げたので、今回の素材はドングリなどの木の実を使ったストラップです。既に団員が集まって200個ほどは作りました。あと100個は必要と言う事で提案者の僕が、手持ちの材料で補充することになっていました。時間的余裕はたっぷりある筈でしたが、忙しさにかまけて先延ばしになり、やっと昨夜になって残り分を完成させました。尻に火がつかないとエンジンがかからないという計画性のないロクのやることです。
 今月4日には一通りのリハーサルも終えて、細かいところまでチェック出来ましたが、全体の流れで雰囲気を変える点がまだまだの様なので、今日特別に最終確認の練習が組み込まれました。今回は地元小学校からもアフタースクールに参加する8人で作る合唱隊がクリスマスソングを歌ってくれます。彼らに負けないようにしようと頑張っています。


「団栗に 命新たに 吹き込んで」