ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

木製燻製釜

           ①カラーコンパネを採寸して分割

            ②角材で枠組み

                ③底板の穴開け

             ④食材吊るし用番線張り

        ⑤お洒落な煙突を付けて

               ⑥組み立てれば完成

             ⑦完成品


 我が家の燻製釜が出張中なので、この際に少し小型のものを作ろうと思い立った。カラーコンパネを購入して、材料をフル活用で作ってみたいと絵を描いた。過去に何台も作ったことがあるのでお手の物だが、木製となるとそれなりの工夫を凝らさなければならない。特に扉の開閉部と天井部である。安易に蝶番でと考えていたが、金具を使わずに引き戸式を考えた。毎年、黒ニンニクを作っているので、保温用炊飯器も収納出来るものにしたいとアイデアが膨らむ。今回初めて熱源を練炭に頼ることにした。コンロサイズの穴開けも手間の掛かる作業だ。足掛け5日間ほどかけて完成にこぎつけた。
 練炭コンロは購入したものの、果たして練炭が日常的に手に入るかという心配もある。練炭から出るガスが燻煙の邪魔をしないかなど、不安要素を抱えながらの木製燻製釜作りだった。完成品を妻に見せながら自慢げに “ドヤ顔” をしているロクを想像出来るだろうか。燻製作りは材料を仕入れて、ソミュール液に浸けるなど仕込み時間がいるので、暫く先になる。


「ボージョレが 届くまでには 燻製を」

文化今昔

         手作り獅子頭で歌を唄いながら家々を回る

        藁で作った棒で地面を叩きながら「亥の子唄」を歌う


 今月2~3日にかけて町の文化フェスティバルが開催された。文化展には同好会や学校などからの文化作品が並ぶ。知り合いの元教師が作られる人形は何時も大作で、今年はどんな作品かなと楽しみに鑑賞させて頂く。そんな大作をどう保存されているのだろうかと要らぬ心配をしている。ロクが作る自然工作は小さなものだが、それでも溜まって来て置き場所に困っている。妻からは「あなたが亡くなったら全部処分するよ!」と釘を刺されている。そろそろ断捨離しなければ。
 3日は舞台発表があり、文化協会に登録している団体の発表がメインイベントだ。朝10時から16時30分まで延々と続くが、身内や知り合いの出番が終わると客席から抜けられる。特に幼稚園や小学校の保護者にその傾向が著しい。発表者としてはたくさんの方に観て欲しいので、出演スケジュールが気になるところである。
 夜には地域の子どもたちが「亥の子」として各家庭を回って来る。能勢では1000年以上受け継がれてきた伝統行事である。今年も事前に知らされていたが、玄関チャイムが鳴るまで失念していた。暫く待って貰いポチ袋を用意する。カメラを取りに2階まで駆け上がる。年々子どもの数が減り、以前は小学校の男児だけで回って来ていたが、最近は女児も参加するようになり、中学生まで応援しなければならない少子事情である。
 ハロウィンでのバカ騒ぎが今年もニュースに流れたが、地方では日本の伝統文化が脈々と受け継がれていることをマスコミも報道しなければならない。マスメディアがバカ騒ぎを助長しているように思えてしまうのだが。


「洋風に 気取ってみても 文化祭」


竜胆(りんどう)

             日陰では開かないリンドウ

             ツルリンドウの実も出て来た


 トンボのメガネ例会で秋を代表する花リンドウを求めて、茨木市の泉原集落を訪ねた。他にセンブリとウメバチソウなども観察出来たらと言う思いもあった。今回は参加者が女性ばかりだったので、端から帰りの打ち上げが望めない。ロクとしては辛いところである。阪急バスのダイヤ改正で減便と路線も変更され、皆さんとの反省会の場所探しも困難にしてくれた。
 目的のリンドウは陽射しがあったのでコースのあちらこちらに咲いている。太陽の光を受けないと開いてくれない。初参加の方もいたので目的の花が咲いているとホッとする。センブリも小さなものだが見付けることが出来た。残念ながらウメバチソウには出合えなかった。種類まで同定していなかったが立派なアザミや、コウヤボウキの群落などもあり、里山の植物を堪能して貰えた。
 リンドウに竜胆(りゅうたん)と言う生薬名を充てているが、根っこを健胃薬として使っている。「クマの胆」より苦いという事で「竜」を充て、そのまま竜胆になった。まさに “良薬は口に苦し” である。リンドウの葉が細いほど苦味が強いらしい。ヨーロッパでも紀元前からリンドウの仲間ゲンチアナ・ルテアを健胃薬として使っていたようで、日本に西洋医学が伝わり、洋薬として竜胆が使われたようである。


「一重脱ぎ 二重脱ぎして 竜胆に」

高野箒


 あまり目立たない花だが山道で咲いていると、近寄って確かめたくなるキク科のコウヤボウキが盛りを迎えている。雰囲気的には草本に見えるが、厳密には草本性落葉低木である。種子植物の中で最も進化したキク科は、殆どが草本だがコウヤボウキ属など僅かに木本類がある。世界に2万3000種あるキク科の中で木本はわずか3%に過ぎない。
 名前の由来は読んで字の如く高野山で箒として使われていたからである。高野山では果樹や竹類など商品価値のあるものは、人間の煩悩の原因として植栽されなかった。そこで竹の代わりとしてコウヤボウキの幹や枝で箒を作ったと言われている。今でもその箒は神事に使われたり、京都伏見の酒桶の濁りの泡をふきとるのに使われているらしい。
 1年目枝に付く葉は丸いが、2年目枝に付く葉は細くなって束性している。そんな観察を皆さんと楽しんで来ます。今日も秋晴れレッツゴー!


「山道の 重なる花に いわし雲」

晩秋


 散歩目的の一つが秋探しだったのに、早足で冬がそこまで押し寄せて来ている。天気予報でも西高東低の気圧配置になり、室内気温が10℃を割るようになってきた。室外では放射冷却条件だと4~5℃まで下がる。毎年春と秋が少なくなり、いずれは四季が無くなるのだろうなあ~と危惧している。しかし、日中は外出にいざなうような陽気で、出かけたくなる季節でもある。
 少し日程的に余裕が出来たので、日曜大工で木製の燻製釜作りを計画した。ホームセンターで材料を購入すると、運搬用の軽トラを60分までは無料で貸してくれる。何ともありがたいサービスだ。地域内の移動は歩きを基本にしているので、買い物予定でもホームセンターまでは歩きだ。河原のススキが逆光で輝いている。セイタカアワダチソウも満開で、日本ミツバチが吸蜜に訪れ乱舞している。ヨメナやノコンギクも必死で咲いている。黄蝶やトンボの姿も行く秋を惜しんで、命の営みに必死である。
 今日から11月が始まる。来週には立冬が待っている。怠惰に過ごした体を引き締めて、冬準備の号令を掛けてやらなければならない!そろそろ灯油も準備しなければ。トランプ暴走と中東情勢で油の価格が上昇中。今年は庶民にとって寒く厳しい冬になるだろう。
<昨日の間違い>子守柿⇒木守柿


「駆け足で 来たよね冬の 顔連れて」