6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

キノコ観察会

           多分美味しいだろうキタマゴタケ

           丁子の香りがするチョウジチチタケ

              白魚の様なシラウオタケ


 所属する「ひとくらクラブ」の例会でキノコ観察会があったので参加して来た。年1回予定されていて、今年で3回目の参加になる。他に菌類研究会のキノコ観察会にも参加させて貰っているが、そちらはマニアックな団体で、講師も大学でキノコを研究されておられる先生が指導して下さる。同定作業でも試薬を使ったりしてグループ分けなどされる。ロクとしては敷居が高い団体なので、ひたすら写真を撮らせて頂く位の参加になっている。一方、昨日の観察会はファミリーも対象なので、子どもたちに混じってのキノコ探しだから、彼たちに負けじと子ども目線になって探しまわる。
 約30種のキノコを採取できたが、興味をそそったのはキタマゴタケの美しさである。皇帝キノコともいわれるタマゴタケの変種黄色版である。多分、美味しいキノコのはずだが、よく似たキノコに猛毒のタマゴタケモドキがある。食いしん坊のロクでもまだキタマゴタケを食する勇気がない。菌類研究会の観察会で見付けた時に、先生に同定をして頂いてから食べてみる事にする。


「梅雨末期 我も我もと 出るキノコ」