6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

箱庭田んぼ

             分けつが進む箱庭田んぼ

              観察用ペットボトル苗


 一度イネの観察を続けてみたいものだと、今年は発泡スチロールでのミニ田んぼ作りに挑戦した。田植えが終わった頃、知り合いに稲の余り苗を少し頂いた。田んぼ作りから始めることになる。花壇の土や園芸用の土では駄目だろうと、コーラス仲間に相談して、畑の土も貰いに行き、ついでに肥料まで戴いて帰った。苗を2本づつ9ヶ所に等分して植えて観察を続けたが、現在しっかり育っているのは7ヶ所で後は未成熟な苗と、1ヶ所は消滅してしまった。さらに観察用として太めのペットボトルに1本の苗を植え、観察を続けている。分けつが進み背丈も50cmぐらいになり、発泡スチロール田んぼには余すところなしに小さな浮草が繁茂し、まさに箱庭田んぼの態をなして来た。
 1本の苗から茶碗一杯の米が取れるという。その分だとミニ田んぼからは1升ぐらい取れるのではないかと、獲らぬ狸の皮算用をしている。脱穀や籾すりはどうしょうかと、今から極楽トンボのロクは思案を巡らせている。妻に「田んぼの見周りに行って来る」と言って、朝のひと時を観察時間に充てている。もちろん観察日記までは付けていない。


「近寄ると 慌て逃げ出す 雨蛙」