6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

白蓮


 亀岡まで行って来ました。目的は貴重植物が収集されている「花明山植物園」です。四季折々の花が楽しめるという事でトンボのメガネの訪問先に選びました。昨日はその下見で園内案内の予約や行程の時間配分など調べて来ました。ここは明智光秀築城の亀岡城址で、某宗教団体が布教活動の拠点にすべく買い取り、教祖が収集した貴重植物が所狭しと植栽され、一部を植物園として一般公開しています。
 JR亀岡駅前に位置する亀岡城址の外堀を南郷公園として、市民の憩いの場として提供しています。太公望が釣り糸を垂らしていますが、炎天下、魚も藻の陰で昼寝でもしているのか浮子に変化が見られません。一際目を引くのが大輪の白花ハスで、始めて見ました。ハスは中国から渡来して来たと云われていますが、古代ハスとして脚光を浴びた大賀ハスの発芽で、日本にも自生していたのではと考えられています。何れにしても江戸時代から園芸品種として改良され、約70種が出回っています。この白花大輪ハスもその一つだと思います。


「白蓮の おいでおいでと 戦国に」