6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

男の料理教室

             ナスとズッキーニのファルシ

               小振りのケヤキナス


 男の料理教室を立ち上げたのが2010年4月だった。当初のメンバーは殆ど辞めてしまったが、今でもメンバーが入れ替わり賑やかに月一回の教室が続いている。地元で農業をされている方が旬の野菜を提供してくれるので、採れたて野菜で作れる贅沢を味わっている。昨日は他では手に入らないケヤキナスを使った茄子料理のオンパレードだった。メインはナスのファルシ(詰め物)、他に焼きナス、ナスの浅漬け、ナスの味噌汁とデザートはパイナップル甘酒豆乳だった。ケヤキナスは水ナスよりも大きく、輪切りのステーキが美味しいらしい。写真でその大きさ見て貰いたく、トマトやタマネギをあしらって撮った。魚の大きさを見せるために煙草ケースと一緒に撮る手口の応用だ。そんな巨大ナスをくり抜いて作るファルシのボリュームのあったこと。それにズッキーニのファルシまで付くのだから腹パンパンである。それでも食いしん坊ロクは何時も間食だ。
 先生をお願いしている方は、能勢での6次産業化を進め、地元産物で町興し出来ないかを模索されている。特に麹部会というセクションで商品開発に取り組まれておられる。今はイベントなどでの提供にとどまっているが、ゆくゆくは能勢での6次産業に繋がることを願っている。


「チクチクと 痛み堪えて 茄子の蔕」