6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

貴重種

              講師からアカザの説明

         山渓カラー図鑑「日本の淡水魚」からアカザ


 所属する「ひとくらクラブ」野外観察会で恒例になっている水棲生物の観察会に参加し、川遊びを楽しんで来た。台風の影響で水嵩が増しているので、本流での採種は断念して、流れの緩やかな水路で採集することにした。講師の先生からのアドバイス通り、網で受けながら石を裏返すと、今まで観たことのない貴重種が採取出来た。アカザという魚で絶滅危惧Ⅱ類に登録されている。ナマズやギギに似た魚でひれの棘で刺されることもあるらしい。手持ちの図鑑によると日本では1属1種で固有種とのことである。地方名では山口でアカナマズといわれるように赤みを帯びた可愛い魚である。
 振り返ると3年続けて8月9日になっていた。長崎に原爆投下された記念日なのに、川遊びに夢中になりすっかり頭から抜けていた。帰宅してからネットで長崎市長の話を読み、平和への誓いを新たにした次第である。安倍は広島でのあいさつと寸分違わない作文を読んだ姿に、日本国民として恥ずかしくなってしまった。せめて広島・長崎の市長に負けないくらいの訴えを、被爆国の首相として世界に発信して欲しかった。彼も世界の流れに逆流する貴重種かもしれない。


「歳忘れ 児らと戯れ 川遊び」