6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

稲刈り

             刈り取った後のミニ田んぼ

             ペットボトル一杯に根が


 発泡スチロールで作った箱庭田んぼの稲が稔り、スズメの餌場として放置していた。全
部彼たちに提供してもよいのだが、一応味見もしてみたいと思い稲刈りのまね事もしてみた。どれほど天日で干せばいいのかも判らないが、お遊び気分で楽しんでいる。縄文時代の稲作は陸稲だったのかなどと思いを巡らせながら。脱穀から籾すりまでどうすればいいのだろう。玄米は炒って食べようか、それともおかゆにしようか?
 1本の苗がどれほど分洯(ぶんけつ)するのかを1000mlペットボトルで育てて調べてみた。土は少なく根が張り過ぎて環境は最悪だったが、それでも10本近くまでに増えていた。箱庭田んぼは少し余裕があったのか、大きく分洯した株では20本ぐらいになっていた。小学校レベルのロクの自主学習課題も終盤に差し掛かった。


「花丸を くれる雀の 稲穂かな」