ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

再審の扉


 「私は、2人のお兄ちゃんが優秀なのに、自分が勉強できへんからコンプレックスを感じていたんです。A刑事はそういう身の上話を聞いてくれ、『わかる。わかる』とすごい同情してくれて。好きになって欲しくて、自白してしまったんです」------軽度の知的障害と発達障害を持つ西山さんへの再審の扉が開かれるというニュースが流れた。滋賀県湖東で起きた冤罪事件である。病院への待遇不満があったので、患者に装着していたチューブを故意に外して死に至らしめたとして、彼女を犯人に仕立てあげてしまった。12年間の服役中、一貫して私はやっていないと無実を訴えていた。再審の決め手となったのは複数の医師の鑑定で患者は致死性不整脈で亡くなったと推定されたことによる。
 映像で観る西山さんはとにかく明るい。そんな彼女を東住吉えん罪事件の青木さんなど、冤罪で苦しんだ人たちや、人権団体「国民救援会」も支援に乗り出していた。ロクも救援会員なので殊の外嬉しいニュースだった。たまたま救援会支部組織の役員会とニュース編集会議、更に忘年会まであったので参加して来た。予約していた青木さんの「ママは殺人犯じゃない」を読みながら帰路に就いた。新年号の編集にも力が入るロクである。


「来年に 希望つなげる 扉開き」