ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

薪割り


 トンボのメガネ、じねんクラブと正月早々から良いスタートを切れたので、山にも!と散歩がてらに地元の三草山を目指した。山の麓に辿り着いた時「みどりすと」活動拠点には数台の車が止まっている。焚火に知り合いの顔が見える。そのサークルにも名前だけ登録してあるので新年のあいさつに立ち寄った。焚火で焼芋を焼かれている。どうぞという事で御相伴にあずかった。ビニールハウスの中では昨年収穫した子芋も茹であがっている。弁当を持たずに来ているのでありがたく頂戴した。山にも登りたいが、皆さんは寒空の中で活動されているので、少しばかりはお手伝いをしなければと、伐り倒して置いてあるクヌギの薪割りを手伝った。チェーンソーで半分の長さに切る時には重しになり、機械で割る時に初体験をさせてもらった。
 「みどりすと」というのは公益財団法人大阪みどりのトラスト協会のボランティア団体のことで、我が能勢では三草山のゼフィルスの森とタガメの田づくり、地黄湿地が環境保全地域に指定され、活動拠点にもなっている。昨日はタガメの田づくりでの活動だった。
雪が降り出したのでお先に失礼したが、下まで降りて来るとみぞれに変わり、びしょ濡れになって帰宅した。往きはよいよい帰りは怖い!


「爺ちゃんは 山で柴刈り 氷雨降り」