ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

腕白度


 今日はブログをご笑覧頂いている方の「腕白度テスト」を行います。言い変えれば子どもの頃、どれだけ野山で遊んだ事があるかを、思い返して貰うというだけの趣向です。高度経済発展期に生まれた方は、学歴偏重の波に押し流されて、遊びなど出来る余裕が無かったのではと思っています。その後、技術革新が進みITの時代になり、別の意味で子どもたちから遊びを奪ってしまいました。皆さんが嘆いておられる社会の幼稚化の弊害は、遊びを知らない世代が社会に排出されたからと見るのは穿った観方でしょうか。
 子どもたちは遊びの中で成長出来るというのがロクの持論です。グループで遊ぶと仲間意識なども芽生えます。縦横のつながりから処世術なども自然と身につけます。喧嘩も経験できます。それで人の痛みなども判るようになり、喧嘩のルールを知って行くのです。障害者が差別されるなんてことはありませんでした。学校帰りに寄り道して、泥んこになって帰って来る子どもはもういないのだろうなあ~。(経済や住環境など他の要因があることを承知した上での嘆きです)
昆虫の顔:トンボ・バッタ・チョウ・カミキリ・ハエ(順不同です)


「まだ先の 啓蟄児らに 待たせたい」