ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

探鳥会

              人慣れしたオオバン

           相方を間違えているアヒルとマガモ

             ハシビロガモの採餌模様


 寒さがぶり返した昨日、奈良の自然を楽しむ会主催の探鳥会に参加して来た。午前中は平城京跡の葦原での探鳥である。目的は珍しいアリスイ探しである。刈り取られた葦原を探すが見つからない。実際に観たこともなければ、名前も知らなかったぐらいで資料だけが頼りだ。素人のロクでも確認出来たのはムクドリ、ヒヨドリ、アオジぐらいだった。午後からは周辺の池巡りでオシドリなどを訪ねた。確かにたくさんのオシドリが茂みに隠れるように並んでいたが、スコープで確認出来る程の遠さだった。
 パンくずなど貰って人慣れしているオオバンなどは近くで観察できる。変わったところではアヒルがマガモを相方と思いこんでペアーを組んでいたり、ミコアイサの雌がカルガモを親と勘違いし、後を追う姿など微笑ましい。ハシビロガモが輪になって水面をぺちゃぺちゃする姿も見飽きない。それに付けても奈良盆地は寒い。打ち上げでビールを飲みたいと云う気持ちにもならず早々に引き揚げた。


「白波の 立ちし湖面に 浮寝鳥」