ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

ブッシュへ

            凍った池にハクチョウとアヒル


 北摂の山という山サークル例会は月曜日なのでコーラス練習と重なり、なかなか参加出来ない。昨日は振り替え休日で練習が休みだったので久しぶりに参加して来た。会が出来て15年になるがメンバーの入れ替えもあり、リーダーも変わり今なお続いている。間もなく3代目のリーダーに引き継がれる。地域限定の山サークルなのでコース選びに苦慮されているのはいずこも同じだ。
 昨日のコースは兵庫県三田駅からバス移動して千刈ダム西湖畔から歩き出すが、最近はハイカーに見放されたのか踏み跡も無くブッシュ状態である。事前の案内でも藪こぎをするので保護メガネと手袋は必携となっている。冒険心を掻き立ててくれるがササが茂って歩き辛い。落葉が積もってコース取りが難しい。途中で道らしきものが全く無くなってしまった。リーダーは先を探しに行くが、迷ったら元の道まで引き返すという鉄則に従って戻ることにした。元来た道も判らなくなるぐらいの難コースである。サークル立ち上げ時の長老メンバーが冷静な対応をしたので、何とか無事に遭難することなく目的の高明寺まで辿り着けた。ピーク歩きではなかったので眺望を楽しむことも出来なかった。


「粉雪の 舞うも必死の 藪こぎに」