6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

黒竹たち

       手前がミョウガ・奥はクロチク

            鉢巻を締めたキノコのお出まし


 野草例会にかなりの精力を注いだので、昨日は休養日と決め込み、後片付けなどに費やした。普段は開けない物置など整理していると、植物の種などが出て来る。蒔き時などあるが、そんなことはお構いなしに狭い庭に蒔いてやる。何が出て来るか判らない。もともと園芸種などの世話を焼けないので、もっぱら野の草派と格好付けしているだけである。仲間から頂いたサギソウだけは水分を絶やさないようにしている。
 そんな放置庭にクロチクが芽を出してきた。かなり太いタケノコである。狭い庭を占領されても困るので新たに2~3本だけ残し、後は食べることにしている。マダケ属のハチクの黒色変異体だから食べられるはずだ。原産は中国らしい。竹細工に重宝しているので一ヶ所に数本だけ残して育てている。そう云えば最近は干支工作に黒竹ばかり使っている。
 同じようにミョウガも芽を出してきた。このタケノコ状の芽も食べられるが、花茗荷を採りたいので我慢しておく。眼を移すと可愛いキノコまで顔を出している。名前を調べたが判らない。センボンサイギョウガサの様な気もするのだが。猫の額花壇だが色んな命を観察できる。観ていて飽きない。傍から見たら好々爺に映るだろう。


「黒竹も 汗を掻き掻き 天目指し」