6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

蛍葛


 昨日は地味な花をアップしたので、今朝は眼の覚めるような花を紹介する。以前、この綺麗な花を見たのだが、何処で出合ったのかを思い出せない。あまりにも綺麗だから当時は園芸種の籠抜けかなと思っていた。ところが日本全国に自生するれっきとした野草なのだ。ホタルカズラと名付けられている。花の色を蛍の光に例えたものと言うが、中央部の白い筋をホタルの光芒に見立てのかもしれない。別名の瑠璃草の方がピンとくる。手持ちの山渓ハンディ図鑑では「山に咲く花」の方に掲載されているので、高原とかで見たのかも知れない。ムラサキ科で多年草だから歩匐して毎年拡がっているはずだ。
 シロバナウンゼンツツジを訪ねた時に見付けた。山手を宅地開発した緑地帯に繁茂している。一帯の植生が豊かなので、散歩道としては退屈しないところだ。何年か前に大学の植物園で苗を貰った絶滅危惧種のムラサキが我が家では絶滅してしまった。
 籠抜けから連想したのだが、森友学園の籠池氏はどうなっているのだろう。逃亡することもないだろうから保釈してやってもよさそうなのに、依然として籠の鳥状態にされている。今回は仲良しだった安倍夫人に頼んでも駄目なのかな?


「瑠璃草の 放つ光に くらくらと」