ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

秋の野芥子


 アキノノゲシが咲き出した。野に咲く花で一番好きな花である。妻への遺言で「僕が死んだらこの花を棺に入れて欲しい」と頼んである。妻曰く「だったら秋に死んでね」だって。野菊などは小説に登場するが、秋の野芥子は見つからない。hideharuさんならご存知かも知れない。風に揺らぐ姿が何故か夢二の絵を連想させる。その雰囲気が良い。花色も淡黄色なのがよい。
 この植物の分布は山渓「野に咲く花」では日本全土と記されているが、史前帰化植物で大陸から渡って来たのだろう。昔から若芽や若葉は食用として利用され、救荒植物としても栽培されていた。レタスやサラダナの仲間である。キク科だが頭花は舌状花のみで構成されている。
 昔ウサギを飼っていた時に、乳草がウサギの好物だと教えられたのを思い出す。アキノノゲシはウサギの食草としては、他のノゲシと比べて柔らかな葉や茎を持つので一番良いのだろう。因みにノゲシの仲間はハルノノゲシ、オニノゲシ、アキノノゲシの3兄弟である。


「微風にも 揺らぎし花に 秋想い」