ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

近大薬草園

             薬用・食用になるフジマメ

                キャンパス正門

          お昼は学食で(カレーと小鉢で366円)

                書斎レプリカ


 近鉄長瀬駅に着いて先ず驚いた。何十年前にはこんなに改札口も広くはなかった。学生が改札口から排出されるのに時間がかかる。それだけ大学がマンモス校になっている証しだ。東大阪市に住まいされる仲間から近大薬草園についての情報を頂き、昨日は案内して貰った。大学に向かう通りは依然と余り変わらないが、1コインで食べられる程度の各種食堂がひしめき合っている。昔は麻雀屋がたくさんあったように記憶している。
 正門少し手前にひっそりとした佇まいの薬草園がある。薬科大学薬草園ほどの規模は無いが、各種薬草は揃えられているので参考にはなる。自由に入園できるのも嬉しい。事前に申し込んでおけば説明も受けられるようだ。
 近くに司馬遼太郎記念館や田辺聖子文学館もあり、ついでだからと案内して貰った。司馬遼記念館は以前に訪問しているので、今回は田辺聖子文学館への案内をお願いした。近大から歩いて30分ほど離れた樟蔭女子大学校の図書館内にあり、彼女の生い立ちから晩年までを垣間見ることが出来る展示になっている。小説とは違った洒脱なエッセイが生み出された背景なども知ることが出来た。


「キャンパスは 青春回帰 秋暑し」