ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

伊丹緑道

             ラクウショウの気根が並ぶ

         駄目なロクと言われれいるような川の名前

             ツツジ科イチゴノキの実と花


 来年4月にスペイン巡礼街道に行く予定をしているので、月に8回山歩きしている妻が平地歩きもしてみたいとの希望を出した。それならばと伊丹緑道を案内してきた。我がサークルでは何度も訪れたコースなので地図なしでも大丈夫である。ただ訪問先が昆陽池公園での水鳥観察だったので殆ど冬場しか訪れていない。今回は秋といえども日中はまだ暑い。速足走行を心掛けたので汗ばむ陽気だった。
 JR伊丹駅前には有岡城跡がある。歴女の妻に付き合っていたら20キロも歩けなくなる。今回は歴史抜きと釘をさす。途中で俳句や和歌の文学碑もたくさんあるが、それもほとんど無視とする。猪名野神社の縁起などにはさっと眼を通す。途中で白洲次郎の屋敷跡や和泉式部墓址を横目に見ながら先を急ぐ。緑ヶ池公園から瑞ヶ池公園を経由して昆陽池公園に辿り着く。帰路は同じ道を通りたくなかったので「たんたん小路」からの道を採る。歩数で23000歩だった。20キロに届かなかったが速足と昼抜きで歩いたので、ご褒美に小洒落たレストランで遅めの昼食を採って帰った。妻曰く「居酒屋の方が良かった」だって。


「早足を 押してくれそな 秋麗」