ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

権萃(ごんずい)


 マユミと同じように果実の中から種を出すゴンズイが人目を引く。こちらは赤い袋から黒い種が飛び出すのでよく目立つ。多分小鳥たちを呼ぶための戦略になっているのだろう。役に立たない魚のゴンズイから充てた名前だというが、和歌山などではゴンズイは食べられている。ただ棘に毒を持っているので釣り人には不人気の魚だ。
 さて、植物のゴンズイはミツバウツギ科の落葉高木で、材が脆くって使いものにならないと言われているが、キクラゲ栽培のほだ木として利用されるらしい。春先の若芽や新芽は食用になる。謂れまで判らないがウメボシノキ・カミナリギ・トリアシ・ウミギギ・ゴマノキなどの別名をたくさん持つ。何が臭いのか判らないがクロクサギとか、実の形からキツネノチャブクロなどとも言われる。変わったところでは春先に樹を切ると樹液が溢れだすのでショウベンノキとも云われている。
 何故か、ほしだ園地にはたくさんのゴンズイが自生している。他に記憶に残っているのは武田尾の河原で自生していた。新芽を食べてみたいがそこまで遠征する気にはならない。
 ⇒昨日はブログアップ途中で、少し575の修正をしたいと下の句の削除にかかったところが、画面が行方不明になってしまった。あれこれと操るうちに表示されたので、やれやれと修正しなおしてアップした。何と修正前のものも表示されている。一旦アップしたものは削除出来ないのかな?1日1テーマーのブログアップを心掛けているので、余分なものまで表示されると対応出来なくなる。多分削除方法があるのだろうが判らない。人が写っている写真で、顔を隠したい時の処理も判らない?どなたか教えて下さい。


「11月が そこまで来たよと 実の弾け」