ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

花後

         花と勘違いしたタツナミソウの一風変わった花後


 ひとくらクラブで植性調べをしている時にどうしても判らない植物に出合った。そんな時には写真を撮って帰り、あとで図鑑で調べるのだが、手持ち図鑑に載っていない時がある。やみくもに図鑑の頁を繰っても時間が掛かるだけで、名前に辿り着けないこともになる。あらかじめ何科の植物かと言うことを、花で判断したり葉や茎で判断する。およそ科が判ればいずれかの図鑑には掲載されている。全く判らない時には「花の名前の手帖」「野草の名前」「山渓ハンディ図鑑」や「葉っぱで見分けるー樹木ハンドブック」などを使って調べる。最近の外来種までは網羅されていないので、そんな時には帰化植物図鑑をお持ちの仲間に問い合わせる。
 今回なかなか名前を同定出来なかったのは、撮った写真を花だと勘違いしていたからである。仲間に写真を送って調べて貰ったら、花ではなく「花後」だという。結実する前の状態だったのを、変わった花だなと思い込んでいた。結論的には先日もアップしたお馴染みのタツナミソウの花後だった。植物たちはいろんな顔を見せてくれるので、知れば知るほど愛しくなってくる。


「雨予報 ひと匙ほどの 寒気連れ」