ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

50歩100歩


 観察会は下見と本番、新規開発などで月4~5回行っているが、山に行く機会がめっきり少なくなってしまった。あらかじめ日程が決められている「50歩100歩」は数少ない山サークルである。他に地元の「低山会」と言うのがあるが、休日催行なのでなかなか日程が合わない。月曜日例会の「北摂の山を楽しむ会」も他の行事と重なってしまう。と言う事で女性リーダーの50歩100歩は参加可能な数少ない山サークルになっている。火曜日催行だから「花曜日」ハイキングと名付けている。華などと言える時代は過ぎ去っているのだが、末永く付き合って貰いたいための苦肉のおべんちゃらである。
 皆さんお歳に似合わずに元気な方ばかりでしっかり歩かれる。阪急池田駅から出発して「きずきの森公園」まで歩き、そこから里山コースに入るという長いコースになった。猪名川沿いを散策気分で歩き、住宅地を延々と歩き、地元の人に公園へのアプローチを訪ねながらの歩きになり、公園の見晴らし台に辿り着いた時には12時を回っていた。朝から曇り空で今にも降り出しそうな空模様である。
 見晴らし台で食事を終え、山への取り付き口を探す。いきなりの急登で食事後の登りは堪える。それでも山に入ると嗅覚が働き目指す方向が読める。曇っていても太陽の方向はだいたい判る。もちろんリーダーはコンパス持参だが使う事もない。283.7mの石切山が今日のピークである。下山はハイキングコースにもなっている満願寺から最明寺滝を経て阪急山本駅に降りた。登山口までのアプローチで半分以上を費やしたが、山歩きコースは約半分、トータルでは19,000歩で5時間ほどの歩きになった。


「曇り空 山装うも 紗掛かり」