ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

語呂合わせ

             干支工作キットが揃ってきた


 11月22日は「いい夫婦の日」とされている。何処かの業界が提唱したのかなと思っていたが、政府の肝いりで(財)日本生産性本部が30年前に提案して、かなり認知されてきた。そんな語呂合わせや記念日がどれぐらいあるか調べてみたら、11月だけでも毎日が記念日で、11月1日などは書ききれないぐらいの数である。因みに22日はと言うと「いい夫婦の日」以外に「ふるさと誕生日(和歌山)」「回転寿司記念日」「ボタンの日」「大工さんの日」「いいリンゴの日」と言うのまである。他に11月第1日曜日は聖徒の日、第3木曜日はお馴染みのボジョレーヌーボ解禁日、第4土曜日は松葉ガニの日、第4木曜日はサンクスギビンデーとなっている。
 先日「鶴瓶の家族に乾杯」で我が町の登場となったが、そこで紹介された地酒の秋鹿酒造の大吟醸酒を、いい夫婦の日と言う事で奮発してくれた。届けられたチヌの料理に気合が入る。魚料理と肉料理はロクが担当することになっている。昆布締めはあらかじめ前夜から用意しておいた。あら煮とうしお汁で腕をふるう。頂いたチヌを余すことなく調理して、美味しい「いい夫婦の日」を締めくくれた。
 昨日も干支工作の準備で日がな一日を過ごした。かまぼこ板を溜めておいたが、メーカーによって寸法が違うので、工作キットの大量生産に間に合わない。仕方なくホームセンターで材料購入をして、雛段サイズに切り分ける。11/2×22/2サイズにかまぼこ板を統一出来ないものだろうか?11月22日が「かまぼこ板統一記念日」になればいいなあ~。


「いい夫婦 追加しようか 記念日に」