ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

SUN-DYU

        2018年3月19日(月)朝日新聞【大阪北摂版】とCD


 日本国民救援会・箕面豊能支部の定期大会にゲストとしてアーティストSUN-DYUさんが来られるというので期待を持って参加してきた。彼はコンビニから1万円を盗んだとして泉大津署に逮捕され、10ヶ月も勾留されるという異常な人権侵害の犠牲者である。その模様はNHK スペシャル「逆転人生」で報道されたので、ずさんな検察・警察の捜査が作り出すえん罪の実態を多くの方が知るところとなった。1時間近くの映像をDVDで観た後、彼から10ヶ月間に亘る取り調べの実態や、「俺はやっていない!」と黙秘を貫き通すのに、何が彼を支えたか?心の葛藤なども生々しく披露され、聴衆の心を揺り動かした。
 グループのメジャーデビュー寸前での逮捕でプロダクションからは契約を打ち切られ、グループ解散を余儀なくされた彼は、無罪判決後、誤認逮捕の謝罪を求め国家賠償裁判に踏み切ったが、今なお「ごめんなさい」の言葉が彼のもとに届いていない。言葉で言い尽くせない苦渋を味わったのに、基本的に楽天的な彼はそれを肥やしとして、えん罪撲滅のキャンペーンをラップ音楽に乗せ、新たなメンバーたちとライブ活動を展開している。
 我々シニア世代にラップ音楽は馴染みが薄いが、何回か聴くうちに慣れて来て、自然と体でリズムを取るようになってくる。ラップの歴史を辿ると口頭伝承がルーツと言う。♪音楽に乗せた演説♪ ととれば、新たな表現方法として納得出来るソースである。


「若者が ラップで飛ばす 冬の憂さ」