ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

花出荷式

            出荷式で50人の2年生が歌を披露

            子どもたちのメッセージ手渡し

           各団体の車まで運ぶ1500株の花と苗

               お裾分けの花と苗


 10月20日に小学校で花いっぱいプロジェクトが開催され、学校支援ボランティアのロクはお手伝いしてきた様子をこのブログで紹介した。以前は能勢高校の生徒が種から苗を作ったものを貰い受け、子どもたちが育てるというパターンが続いたが、経済効率優先を学校教育にまで持ち込んだ維新の知事が、3年間で生徒を増やさない高校は廃校にすると言いだし、能勢高は何とか分校と言う形で存続されることになった。もともと農業高校だったが、学校の教育目的も変わりグローバル化と進学校化を目指すようになり、悠長に花の苗などを作っておられなくなった。そんな事情もあり池田土木で育てたポット苗を移植し、2年生の児童たちは観察と水やりなどをして花を咲かせるまでの世話をして来た。
 町内にある各種福祉団体の代表や入所者たちが花出荷式に招待され、引き渡しのセレモニーが開催された。当然ボランティアとしてお手伝いした我々も参加して、咲き出したビオラやまだ咲かすまでには時間のかかるパンジー・キンセンカ・ルピナスの苗を子どもたちから頂いた。3ヶ月続けて小学校に顔を出している。たくさんの孫たちに会えるのもロクの楽しみである。来年早々には昔遊び、2月と3月はアフタースクールでの工作提供がすでに予定に組まれている。嬉しい忙しさである。


「年の瀬に 笑顔弾けて 児ら開花」