ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

マユミその後

            どの蔓を採取するべきか思案中


 10月22日のブログでマユミの実がたくさん付いているのをアップした。数を数えられない位で、500~1000個も付いているだろうかとオーバーに紹介した。葉を殆ど落としたので大まかに数えてみたところ、一枝に20個位付けているので、やはり400~500個もの実をぶら下げていることになる。昨年は数個だけだったので異常な数である。小鳥が啄みに来てくれるかと心待ちしているがヒヨドリの姿もみない。巣箱も設置してあるがシジュウカラの気にいられなかった。来春まで待たなければならないのだろうか。
 リース作りのツル採取が気になっていたので、近くの斜面にあるフジヅルを採取して来た。その場でリースの形に編みあげておいた。まだ山歩きや観察会なども残っているので、飾り用の木の実などをおいおい採取するつもりだ。時間のある時に飾りの材料を取り付ければよい。自慢のリースが出来たらまた披露したい。
 妻から頼まれた年末の仕事も片付けなければならない。正月用の燻製も作りたい。忘年会もあと3席予定されている。年賀状も作らなければならい。新年号のニュース編集をしなければならない。師走という通り何故か気ぜわしい。孫悟空になりたがっているロクである。


「炬燵でも 出そうか鳥の 来るまでに」