ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

一番搾り・引越し・薄化粧


 秋に仕込んだ柿が醗酵して「柿酢」として使えるようになってきた。重量で15kgほどの柿を広口瓶に詰め込んだが、果たして酢として使えるのはどれぐらいになるだろうか。一昨年も経験があるのだが、搾りの段階で難儀して、効率よく絞り切れなかったように思う。今回もその搾りで苦心している。取り敢えず一升瓶に半分ほどは搾り出せた。気長に試行錯誤しながら絞り切る努力をするつもりだ。
 頼まれている編集などの宿題もあらかた片付けたので、頭に来ているドコモ携帯から他社への引越し申し込みに行って来た。我が家では頑なにスマホを使わずガラケーに拘ってきた。毎月の使用料は夫婦で4000円位で推移している。ところが7月の引き落としを見てあ然とした。37,000円の請求である。
 早速ドコモショップへ出向き問い合わせをすると、お客様が大きな通信をしたのではないのですかと言う。ガラケーでの使用はメールと偶に電話を掛けるだけである。写真は旬をデジカメで日付入りで撮る習慣になっている。6月は海外にも出掛けていない。と言う事で明細を送って貰うことにした。6月半ばに1通信だけ2万数千円の請求欄が見つかった。再びショップに訪問して、これは何ですかと問い合わせると判らないという。
 その時の窓口の対応は親切で、2度とこんなことにならないように、請求金額を4,000円+α以下に抑える保険的なものがあると教えて貰い、その手続きをした。6月のべらぼうな請求額は今回に限り、引き落し額から減額して順次お返しする、と言ってくれた。7月末に引き落とされ、交渉したのが8月2日だったので、10月から返金するという言われ心待ちしていた。ところが10月も11月も減額されていない。問い合わせすると期限切れだと言う。6月分は7月末に落ちる。それを確認してから8月直ぐに苦情相談したのに、7月中でなければならないと言う。ショップで返金しますと言ったのはスタッフの間違いだったと言う。大きな会社の責任逃れの役人的対応が許せず他社に引っ越しした。
 今朝は雪景色である。薄化粧が今日も頑張れ!と後押ししてくれる。垂れ下がった残り柿をヒヨドリが啄んでいる、いい景色だなあ~。


「薄化粧 やっと顔見せ ヒヨドリの」