6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

雨蛙


 昨日は4日振りに街に出た。天満が好きだと言う娘夫婦たちと落ち合ってお昼の食事会を楽しんできた。「いきなりステーキ」で300gと200gのヘレステーキを4枚、取り敢えず生ビールで乾杯して、後は赤ワインをボトルでオーダー。ちょっとした祝い事もあったので奮発する。駅前では天神祭の奉拝船に無料ご招待のイベントが行われている。早速、応募すべくキャンペーンガールと一緒に写真撮影。彼も乗りが良いので男二人がポーズをとる。妻と娘は冷ややかな目で他人を装う。今から当選したらどうしょう、と獲らぬ狸の皮算用をしながら二次会の話題にする極楽トンボ集団だった。
 街に出ると自然観察が出来ないのでブログネタに困る。そんな時には猫の額の花壇を覗くと、小さな自然が僕たちも紹介してと言っている。何故かミョウガには沢山の生き物が集まる。アマガエルの赤ちゃんがそこを縄張りに生活している。何処でオタマジャクシが孵ったのだろう。ニホンアマガエルは一度に1000個ほど卵を産むのだが。数えきれないほどの赤ちゃんがいる。肉食系で動く餌しか捕食しない。蚊などの小さな昆虫を獲ってくれるのでありがたい。こんなに可愛いのに妻と娘は雨蛙が苦手だ。


「雨粒を 傍に一滴 雨蛙」