6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

ねんてん先生


 シニア自然大学校主催の俳句講座が今年も開催されることになり、以前から興味を持っていた講座なので参加することにした。講師は現代俳句を代表する坪内稔典先生である。募集チラシの「たんぽぽの ぽぽのあたりが 火事ですよ」という稔典先生の句に惹かれた。今回で7回目の講座になり、初回から参加という方もおらる人気講座である。氏は京都教育大学、仏教大学の名誉教授で、自らも「船団の会」を主宰されておられる。日本文学に造詣が深く正岡子規や夏目漱石の研究でも広く知られている。どんな講座なのか期待を持って臨んだ。
 受け付けを済ませて席に着くと、兎に角一句作って下さいと短冊を渡された。お題は「梅雨晴れ」と「梅雨晴れ間」である。いきなりの句会であり、われわれ初参加の数人は戸惑う。それでもおもいおもいの句を書いて提出した。全ての句が披露され挙手で人気投票をする。その後、先生から何でその句を選んだのかと問われる。併せて簡単な自己紹介もする。知らず知らずに引き込まれていく和やかな雰囲気の講座になった。


「梅雨晴れに ひねり過ぎたか 575!」