6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

忍冬酒完成

           コハク色の薬用酒が出来あがった

          蛍と言われるまで判らない点・点・点

              帽子で捕ったホタル


 5月17日に採取したスイガズラで作った忍冬酒が1ヶ月を迎えた。普通果実酒は3ヶ月ほどかかるが、こちらは花と蕾だけなので1ヶ月で十分らしい。薬効もかなりある様で不老長寿の妙薬かもしれない。家康が長生き出来たのも忍冬酒のおかげだとも言われている。三蔵法師が探し求めたウワミズザクラの果実に匹敵するのかもしれない。今まで各種の果実酒を作って来たが、作る楽しみだけで殆ど飲まなかった。今回は飲むようにしたい。肝臓の血中アルコール性数値が基準値を超えているので、それを下げたい目的もある。その結果は9月にならないと判らない。
 秋を思わせる天気が2日間続いたが、夜に入り蒸しむしする様になってきた。こんな夜はホタル観賞にうってつけである。地域の仲間の呼びかけで近くの川に蛍を観に行った。ここはマスコミでも紹介されたこともある、ホタルの乱舞が見られる隠れスポットだ。少し時期が遅いかと思ったが、たくさんのホタルが乱舞している。一眼千本ならず、一眼40匹ぐらいの単位で点滅を繰り返している。開放機能が付いているカメラだと三脚に据えて撮影できるのだが、手持ちデジカメではホタルの乱舞は写せない。
 蛍を観ると野坂昭如「火垂の墓」のサクマドロップ缶が頭をよぎる。宮本輝「蛍川」も僕の中に明滅する。


「薬用酒 舐めつつ想い 蛍川」