6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

慰問活動

            赤トンボの仲間「ノシメトンボ」


 混声合唱団「コールクレッシェンドのせ」では今年2度目の慰問活動で老人施設を訪問した。ディケアーに来られる方々への短時間の慰問になった。我々の活動は施設慰問と文化祭での発表、観月会など地域集会へのゲスト出演などで、次の日曜日にも地域集会に呼ばれている。通常の練習だけでは気付かない点が、コンサートを開くことで細かいところまで確認出来るという利点がある。提供した曲目は・美しき青きドナウ・中島みゆきの糸・福山雅治の家族になろうよ・新実徳英作曲の南海譜・なぎさ道・いでそよ人を・卒業・カッチーニのアヴェマリア・バッハのマタイ受難曲よりコラールの9曲と、皆で歌おうコーナーであざみの歌・夜明けのうた・知床旅情を歌って貰い、最後はふるさとを歌ってお開きにした。
 コールクレッシェンドのせは今年の4月で10周年を迎え、年末に10周年記念コンサートを計画している。まだまだ仕上がっていないが追い上げ段階に入り、練習回数も増やし人に聞いて貰える内容まで高めなければならない。バスパートのロクは何時も「バスに乗り遅れて」皆さんに迷惑をかけている。そのくせ自信だけは人一倍強く「ばっちりや!」と言って人を和ませている。まさに極楽トンボである。


「帰り道 いつもながらの 赤トンボ」