6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

臨機応変

         指でマメヅタの葉を折るとプチン!を弾け音


 トンボのメガネ例会は毎月第1と第3金曜日と決めていますが、今月だけは第1金曜日が文化の日と重なり、コーラス出演があったのでやむなく第2金曜日に変えました。今回は高槻市の「神峰山の森自然園」でのアサマリンドウとセンブリの観察をメインに予定していました。ところが前日になり案内をお願いしている仲間から、先日の台風でコナラの大木が2本もなぎ倒され、園内には入れない状態だから閉鎖されているというのです。早速皆さんにPC メールで行き先変更のお知らせをしましたが、メール確認をしていない人もおられるので、集合場所と時間の変更は出来ません。案の定メールを見ていなかったという方が何人かおられました。1人だけ現地に直行した人がおられ、コース最後でやっと巡り合えたのは初参加の方でした。
 と言う事もあり、目的地の手前に位置する摂津峡と言う渓谷散策コースに変更しました。空には雲一つなく秋晴れの穏やかなハイキング日和で、紅葉もより鮮やかさを増しています。ここでも台風の傷跡が残っていましたが、紅葉狩りをしながら植物観察を楽しみました。今回の収穫は高槻でもワニの化石が発見され、タカツキワニとして化石展示されている情報を仲間から提供して貰え、古代ロマンにも浸れました。マメヅタの葉っぱを折るとプチン!とはじける音がする遊びまで教えて貰え、今回もへえ~と驚く観察会になりました。


「紅葉谷 瀬音にプチンの 効果音」