ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

恐~い処

              能勢町史4巻に記述が


 能勢には「しおき場」があるらしいという事で、歴史好きの妻と探索に出掛けた。そこは霊場妙見さんの麓に位置し、心霊スポットとして知られている「野間トンネル」も近くにある。このトンネルは幽霊が出るというのでタクシー運転手も通るのを嫌がるらしい。僕は以前箕面に住んでいたので、能勢に行く時には何時も通っていたトンネルだ。一度も恐い思いをしたことがない。心霊を感じる人だけに表れる現象かもしれない。心霊マニアに言わせるとこの一帯は関西最凶の心霊スポットらしい。
 峠道を走ると道路から小屋が見える。中に入ると慰霊碑らしきものがあり、大きな苔蒸した岩が鎮座し「史跡 しおき場」の標識がある。帰宅してから能勢町史などで調べると能勢家と多田家の領地争いがあり、双方が和解のために農民代表者10人をお互いに斬首処刑しあったと記されている。いわゆる交換処刑である。言い伝えで恐ろしい話は尾鰭が付き今に伝わっている。興味のある方は一度訪問されたら。


「行くならば 早春よりも 夏場だな」