ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

蓮と睡蓮と昆虫

              昆虫博士:藤崎先生

            驚異の進化:甲殻類から昆虫に!


 来月初めにトンボのメガネ例会でハス観察会を計画しているが、今年は異常気象で例年よりも開花が早まっている。年間計画として企画しているので予定が変えられない。昨日も下見で、朝から肌を刺す陽射しの中、長居植物園にハスの開花状態を確認して来た。先日の豪雨でハスが水没し、泥を被った様子が生々しく残っている。それに負けずに元気よく花を咲かせているが、8月まではもたないようである。スイレンは浮草で葉を水面に漂わせているので、豪雨の被害をあまり受けなかったように見受けられる。本番時にどうなっているかお楽しみに。
 午後からは地球環境自然学の講義で、京大名誉教授の藤崎憲治先生の「昆虫ミニティクス:驚異の生理・形態・生態から学ぶ」だった。昆虫少年がそのまま進化せずに大人になったような方で、昆虫の生態など話される時には如何にも楽しげな雰囲気で、ついついこちらまでが昆虫童子になってしまう。何の対価も求めずに研究された結果が、今日の科学に大きく寄与している話には、ただただ頭が下がるばかりだ。


「白蓮の 紅注すほどに なお白く」