ロクさんのアクティブライフのブログ

自然観察を通してのシニアの元気報告を575に託してお届けします。

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

そろそろ野鳥

            なんとも可愛いしぐさのコガモ

               人懐っこいヤマガラ

          この子は誰だろう、モズではないだろう?


 来年早々にトンボのメガネで野鳥観察を計画しているので、その下見として馬見丘陵公園に行って来た。さすがにここは野鳥の宝庫らしく鳥屋がカメラやビデオを据えて待機しておられる。素人の僕たちは「何を待っておられるのですか?」と聞いて回る。アカショウビンやカシラダカとかアオジなどの名前が飛び出す。何時現れるか判らない小鳥たちを待つのに付き合っておれない。例え確認出来てもスコープもないし、カメラの備えもない。デジカメでも望遠機能で撮れるが、せめて1脚でもなければ手ブレしてしまう。
 大体は名前を知っている水鳥観察に向かう。何処にでもいるカルガモは無視して、マガモの集団やコガモなどを観察する。ホシハジロ・オオバンなど見かけるが、まだ水鳥の種類は多くない。ミコアイサやオシドリなどが来てくれれば嬉しいのだが。コガモが近くまで寄って来てくれるので、どうにか写真に収めることが出来た。コガモの特徴である黄色いパンツと緑のサングラスだけは撮れた。体側の水色も綺麗なのだが陽射し不足で駄目だった。


「カメラマン 水洟すすり 鳥を待つ」