6san-activelifeのブログ

自然観察を中心に、アクティブに活動している様を、
写真とコメントを交えて俳句にまとめています。
毎日発信でシニアの元気報告になっています。

白粉花

      我が家から見下ろすとオシロイバナとニラの花が(今朝の画像)


 馴染みのオシロイバナです。夕方4時ごろから開花するので夕化粧との別名があります。翌日陽が上がると萎んでしまいます。他にアカバナユウゲショウと云うのがありますが別物です。鮮やかな色で虫を誘い、夜になると芳香で呼ぶようです。単色でも綺麗ですが、自然に混じり合った花色が何とも言えません。オシロイバナの扱いはまだ園芸種に留まっていますが、結構野生化しているように思います。元禄から江戸初期に渡来してきたようです。1年草と言いますが毎年同じ所に大きな株が出て来るので、多年草かなと思ってしまいます。たくさんの種を落とすので同じ所に繁茂するのでしょう。何時も植物紹介をしていますが、帰化植物の定義がよく判りません。外来植物とも言われるので、その区別もロク的には不勉強です。通説でも良いから何時からのものを帰化植物と云うのか知りたいものです。
 子どもの頃、黒くなった種を割って中の白い胚乳で遊んだことを思い出します。白粉の代用に使っていたと言いますが、多分子どもの遊び程度のものだったと思われます。その胚乳には強い利尿作用があるようです。塊根も含めてニキビや吹き出物にも外用としての薬効があるようです。


「朝一に 元気をくれる 白粉花」